Home 企画と取材の番組 内部被爆の危険 市民と科学者の内部被曝問題研究会(内部被曝研)

市民と科学者の内部被曝問題研究会(内部被曝研)



パッチTV 2012/01/27 放射線治療の専門医から内部被曝の問題を解説 ICRPは原子炉を運転出来るように作業員の管理をする組織です。 日本ではストロンチウムを無視しているが低線量の被曝でも危険と提唱。 素粒子物理学者からの放射線測定に関する過小評価の危険性に発言。 戦後、広島、長崎の放射線影響調査は治療の為ではなく核武装の効果測定だった。 治療のための内部被曝の資料はこれから正く評価し直す必要がある。 今の被曝問題を核戦略から離れて純粋に科学的に政治的な隠蔽されない研究会を発足します。 内部被曝の拡大と健康被害を防ぐために政府が取るべき安全対策を提言します。

バナー