Home 企画と取材の番組 内部被爆の危険

内部被爆の危険

肥田舜太郎医師、内部被爆の真実・危険とどう向き合うか

郡山で4歳と7歳児に甲状腺がんの疑い

パッチTV 2012/02/25 11:18 郡山で4歳と7歳児に甲状腺がんの疑い 緊急記者会見。とても繊細で重大な問題ですので、情報源がどこなのか、信頼できるかなど様々な質問が飛び交っております。「郡山で4歳と7歳児に甲状腺がんの疑い 緊急記者会見」 3月1日号 週刊文春の記事に関する「誤報」との北海道の医師の会見に対する意見を述べます。

ジャーナリストではないマコさんが取材の仕方などの些細な手続きの問題で責められているが、本来はマスコミが記事にするべき内容である。重大な事故が起きているにもかかわらず、事故の被疑者からの発表だけですませる現状。住民の安全を真っ先に考えるべき地方自治体は「風評被害」だけを取り上げ、重要な住民の健康に対する調査を怠る姿勢。「だれも書いてくれなかった」というマコさんの存在を重く感じると同時に、内部被爆をひた隠しにする国と、放射線被害を軽視する一部医師に疑問を感じています。

市民と科学者の内部被曝問題研究会(内部被曝研)



パッチTV 2012/01/27 放射線治療の専門医から内部被曝の問題を解説 ICRPは原子炉を運転出来るように作業員の管理をする組織です。 日本ではストロンチウムを無視しているが低線量の被曝でも危険と提唱。 素粒子物理学者からの放射線測定に関する過小評価の危険性に発言。 戦後、広島、長崎の放射線影響調査は治療の為ではなく核武装の効果測定だった。 治療のための内部被曝の資料はこれから正く評価し直す必要がある。 今の被曝問題を核戦略から離れて純粋に科学的に政治的な隠蔽されない研究会を発足します。 内部被曝の拡大と健康被害を防ぐために政府が取るべき安全対策を提言します。

放射線リスク欧州委員会(ECRR)のクリス・​バズビー博士記者会見

子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク

バナー